東京湾景

2003
新潮社
お台場と品川。東京湾を隔てて働く男女の恋は、出会い系サイトから始まった。羽田空港で待ち合わせをし、一緒にモノレールに乗る。品川埠頭の倉庫で抱き合い、りんかい線に揺られながら思いを馳せる。会いたくてたまらない男。本当に好きなのかよく分からない女。けれど会えば心も身体も高揚する。そんな恋の行方は…。著者自ら「初めて恋愛を描いた」と語る長編ラブストーリー。
初めてお目にかかった時のシャイな笑顔に「この人は絶対に売れっ子作家になるに違いない!」と直感し、「ぜひ新潮社でも!」とお願いしました。すると1ヶ月後に『パレード』が山本賞を、3ヶ月後には『パーク・ライフ』が芥川賞を受賞。エンタメと純文学の二つの大きな文学賞を立て続けに受賞したことで、依頼殺到の「超人気作家」に…。しかしギリギリセーフの原稿依頼で、思ったより早く一緒にお仕事させて頂くことが出来ました。担当する前から大好きな作家さんだったので、原稿いただいたときは本当に嬉しかったです。条件とかそんなこと考えずに、とにかくいま! すぐ! 恋がしたくなる1冊。

(新潮社 G)

『東京湾景』

吉田 修一  
定価:500円(税込)
新潮文庫

『東京湾景』[単行本]

吉田 修一  
定価:1,470円(税込)
新潮社
CN

『東京灣景』

吉田 修一  
文匯出版社
books.com.tw
TW

『東京灣景』

吉田 修一  
麥田
books.com.tw
KR

『동경만경』

요시다 슈이치
은행나무
kyobobook.co.kr