Profile

吉田修一

1968年長崎県生まれ。97年に『最後の息子』で文学界新人賞を受賞し、デビュー。2002年には『パレード』で第15回山本周五郎賞、『パーク・ライフ』で第127回芥川賞を受賞。『パレード』は後に行定勲監督により映画化された。07年朝日新聞に連載していた『悪人』で第61回毎日出版文化賞と、第34回大佛次郎賞を受賞する。その他主な著書に『さよなら渓谷』、『横道世之介』などがある。また作品は英語、仏語、中国語、韓国語にも翻訳。世界で注目される日本人作家でもある。


只今連載中
『ウォーターゲーム』
 東京新聞/北海道新聞
 中日新聞/西日本新聞
『空の冒険』
 ANA機内誌「翼の王国」
『犯罪小説集』
 野性時代(KADOKAWA)