太陽は動かない

2012
幻冬舎
読み始めたら止まらない!
究極のエンタテインメント作品

AN(アジアネット)通信は、表向きはアジア各地の情報を配信する小さな通信会社だが、産業スパイとしての裏の顔を持つ。AN通信の鷹野一彦と田岡亮一は、新油田開発利権にまつわる機密情報を手に入れ、高値で売り飛ばそうと画策していた。しかし、諜報活動を進めていくうちに、中国の巨大エネルギー企業に、思いがけない動きがあることが分かる…。ライバルのデビッド・キム、謎の女AYAKOそして敵であり味方でもある中国人、アジアの各国を舞台に展開する、ノンストップ・エンタテインメントノベル!
十数年前の吉田さんは一緒に御飯に行っても20分以上も静寂が続くほど無口だった/構想・執筆は3.11の震災以前から始まっていた/「太陽は動かない」とはレオナルド・ダ・ヴィンチの言葉/装幀の松昭教氏は種子島生まれ(偶然!)/イラストの福室みずほ氏の叔父さんは宇宙太陽光発電の専門家だった(なんたる偶然!!)/紫禁城内で座り込んでアイスを食べながら観光客を眺めていた吉田さんは「いろんな靴があるんだなあ」と呟いた(そこかい!)/内蒙古の草原で食べた骨付き羊肉がやたら旨かった(オススメ!)/その北京→天津→内蒙古を行く取材旅行は三泊四日で強行(濃密)/カバーオブジェの太陽はネットショップで見つけて購入(CP良し)/脱稿直後、吉田さんは40度の高熱で倒れた/……以上、担当編集者だけが知っている小ネタ集でした!

(幻冬舎 C)

『太陽は動かない』

吉田 修一  
定価:1,680円(税込)
幻冬舎

『太陽は動かない』
[文庫本]

吉田 修一
定価:832円(税込)
幻冬舎文庫
KR

『태양은 움직이지 않는다』

요시다 슈이치  
은행나무
kyobobook.co.kr

『太陽不會動』

吉田 修一
麥田
www.books.com.tw